読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活動概要

活動日:月に2回
    隔週日曜日 10:00~11:45
会費:
 レギュラー会員 2,500円/月
 スポット会員  1,500円/1回
活動場所:ふるさと交流館「リフレこかい」(下妻市大園木251-1)
    (基本的に上記施設を利用しています)
対象:主に小学生
   下妻市外在住でも入会できます)
活動内容:工作、絵画、料理、野外活動、作品展など。



※見学はいつでもどうぞ!
体験お申込み、お問い合わせは下記入力フォームをご利用ください。
社会につながる創作クラブ「つくるん♪」お問い合わせ

活動の目的

「つくるん♪」は、今の子どもたちが社会に出るときに必要な力を「創作」という活動を通して育む場です。

今の子どもたちが社会に出るときに必要な力とは何でしょうか?

現代社会は、インターネットの普及によるグローバル化
人工知能の発達、少子高齢化などにより、
私たちの生活も様々に変化しています。
この変化の激しい時代を生き抜くために
「自ら考え、主体的に選択し行動できる力」が必要と考えます。


なぜ、「自ら考え、主体的に選択し行動できる力」なのか?

10~20年後。
国内労働人口の49%に当たる職業について、
人工知能やロボットで代替される可能性が高い。

という推計が2015年に野村総研より発表されています。


人工知能は便利ではありますが、
それに仕事を乗っ取られてしまったら・・・。
人には人工知能では及ばない能力が求められますね。


また、
3.11 東日本大震災は、想定外のことが起きた出来事でした。
想定外のことが起きたときに、「自ら考え、主体的に選択し行動できる力」があれば
生き抜くことができると言えるでしょう。


「つくるん♪」という場で大切にすること

個においては、「感じる」「考える」「つくる」「伝える」ことを意識した時間に。
全体としては、「他を尊重して協調する」「社会につながる」ことができるように働きかけていきます。
スタッフは基本的に「教えずにしつもんをする」「子どもの意見を尊重し、見守る」という勇気づけの姿勢で接します。
つくるん♪での活動を継続していくことで「社会に出るときに必要な力」が自ずと身につくことでしょう。


アートはヒーリングの効果もあります

例えば「色」はその時の心理状態を表しますね。
無意識に選んだ色でも、それを使って存分に表現することで、いろいろな気持ち・心を解放し発散するものです。
また、粘土をコネコネする「感触」もイライラを取り除いたり心を落ち着かせる効果があるんですよ。
作って癒されて、社会に役立つ力まで身についてしまうとは!アートってすごいですね。